高校野球部とモデルの食トレのメリット・デメリット

高校野球部とモデルの食トレのメリット・デメリット

美肌ブログライターなごみです。

本日のテーマは、「高校野球部とモデルの食トレのメリット・デメリット」です。




食トレとは?意味は?

いろんなトレーニングってあるかと思うのですが、食トレって知ってましたか?

体を鍛えるためのトレーニングはスポーツをやってる人はもちろんのこと一般の人でもされている方いますよね。
皇居ランなんかは一時期流行りましたよね。

みんな皇居の周りをランニングして、着替えるところもあるみたいですよね。
私の周りでもイベントにしている方もいますね。

でもそうやって一人でがんばるよりも仲間と一緒にやった方が楽しくできるので一石二鳥ですよね。

さてさて、食トレとは?意味を見てみましょう。

食トレとは体調不良になってからではなく、なる前に食事を調整し体調を整えるというものなのです。
たしかに外側だけいくら鍛えても体の中が健康でなければ鍛えることもできないですよね。
お肌もそうですが、やはりトレーニングも体内から調整することが大事なのですね。

この食トレってけっこうすごいんですよ。
結果が目標としているものよりよくなったりしているのです。
体内の調整だけでそんなに変わるものなのですね。

どんなふうに調整しているのかをもっと詳しく見てみたいですよね。

高校野球部とモデルの食トレのメリットは?

このぜんぜん違うこの二つの食トレはどんなメリットがあるのかを見てみましょう。

まず高校野球部の食トレはどんなことをしているのでしょうか。

選手たちは体を大きくすることだけではなく、凄まじい練習に耐えられる体力をつけるために食トレをするのです。

強豪校といわれる学校では、なんと1日のカロリーを5000~7000キロカロリー摂っているのです。
一般的な成人男性の1日の摂取カロリーが1800~2200キロカロリーなので倍以上ですよね。
でもそれだけ摂ってもただ太ることことなく消費してしまうのですから、それだけハードなトレーニングなのでしょうね。




初めからこれだけ摂取できるかっていうとそうではありません。
だんだんと食べれるようになってくるようですが、ほんと食トレって感じですよね。

この食トレのメリットとしては、ハードなトレーニングに打ち勝つくらいの体力がつくということです。
体も一回り大きくなるので、スイングも力強いものを期待できますよね。

高校生なのにここまでストイックにやっているなんて、ほんとプロ顔負けですね。

こういう努力があってこそ、その後プロとして活躍していくのでしょうね。

さてもう一つのモデルさんの食トレってどんなことをしているのでしょうか。

高校野球部もかなりストイックにしていたのを考えるとモデルさんはもっとしているのかと思いますよね。
あまり食べないイメージってないですか?

食事制限がかなりあって、1日にあまり摂れないのかなと思っていましたが、その逆できちんと食事を摂っていました。
どんなことをやってるのかは、そのモデルさんにもよりますが。。

みなさんがされていることの多いものが、糖質を抑えたメニューをしているということです。
糖質っていうと炭水化物やおかし類を思い浮かべますよね。

やはりごはんでいうと白米は糖質が多いことは知られていますよね。
そこを玄米に変えている方が多いですね。

それとたんぱく質を摂るということです。
良質なたんぱく質を摂ることはモデルさんにとってはとても重要なのです。
1日2食鶏肉をメニューに入れている方もいます。

それに加えてオシャレに朝はスムージーでたっぷりの野菜やくだものを摂っている方もいました。
これこそモデルさんって感じですよね(笑)

でも野菜をたっぷり摂りたくても必要な量を朝からパクパク食べるって難しいですよね。

1日に必要な野菜ってかなりの量があるので、それをスムージーならあっという間に摂れますものね。
あと1日に5食摂っている方もいました。

これは食べる時間を狭めることで、血糖値の上昇を防ぐのです。
そんなことまで考えられているのですね。

たしかに痩せている方に聞くと一回の食事はあまり量は食べられないのだけど、ちょこちょこいっぱい食べるってお話してた方がいたのを思い出しました。
その時は1日に食べる量が変わらない気がしていましたが、こういうことだったのですね。
謎が解けました(笑)

モデルさんのメリットとしては、ちゃんと食べているのでストレスフリーなのとあの体型を維持できることですね。
見てみるとオシャレにストレスなくできるのでやってみようかと思いました。

高校野球部とモデルの食トレのデメリットは?

さて今度はデメリットを見てみましょう。

まずは高校野球部の方ですが、やはり1日5000~7000キロカロリーを摂るのですから、初めは食べられずに減らしてほしいっていう選手もいるようですね。
それはそうですよね。

それまでは食べ盛りといっても1日にそんなに食べていないでしょうからね。
男子高校生だとどんくらい食べるものなのでしょうか。

そういえば以前、思い出話をしていた男性によると高校生の頃は一人でお釜全部平らげていたといっていた人もいましたが、それに近い感じでたくさん食べていたのでしょうね(笑)

高校野球部のデメリットとしては、食トレをするのに食べる量が半端なく大変ってことですね。
でも慣れるともっと食べたいっておやつにもバナナとか食べるくらいになるのだとか。。
人間なんでも慣れてくるのですね。

つぎにモデルさんの方ですが、いろんなやり方をしている方がいましたが、やり方を間違えると逆効果になるということです。
糖質を抑えたりというのもただただ炭水化物を全く摂らないってことではないのです。

全く摂取しなくなると栄養を集めようとするようになります。
それが逆に太りやすくしてしまうのです。

体調不良にならないように食トレで体調を整えることが目的なので、こうなってしまうともともこうもないですよね。
やり方を間違えたり極端にせずに少しずつ食トレをやっていった方がいいのかもしれませんね。




というわけで本日のテーマは、「高校野球部とモデルの食トレのメリット・デメリット」でした。

メイクランキング

ピックアップ記事

  1. 日本人の鼻の形の種類は?綺麗な形に変えられる? 美肌ブログライターなごみです。 本日のテ…
  2. 肌荒れ、顔の赤みを早く治す方法は? 美肌ブログライターなごみです。 本日のテーマは、「肌…
  3. 肌がきれいな人の特徴と食生活は? 美肌ブログライターなごみです。 本日のテーマは、「肌が…
  4. 1日1食ダイエットは危険?朝・昼・夜だけどれが効果的!? 美肌ブログライターなごみです。 …
  5. 日本の人気女性モデルランキング 美肌ブログライターなごみです。 本日のテーマは、「日本の…

美容ブログライター

免責事項

当サイト上に掲載されいる情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらまでお願い致します。
ページ上部へ戻る