逆さまつげの手術費用と失敗の可能性は?

逆さまつげの手術費用と失敗の可能性は?

美肌ブログライターなごみです。

本日のテーマは、「逆さまつげの手術費用と失敗の可能性は?」です。




逆さまつげの原因は?

まず”逆さまつげ”ってなんだろう?って疑問に思う人もいますよね。

おそらくなったことのある人じゃないとこの気持ちはわからないと思うのです。

確たるわたしも下まつげだけ逆さなのです。
初めは目の中になにか入っちゃったのかな?って思ってたのですが。。
みんなわからないうちはこんな風だったかもですよね。

さて逆さまつげってどんなものなのか?

通常、上向きに生えてるものですが、逆に目の中に向かって生えてる状態になっているのです。
これって思ってるよりも痛いのですよ。

わたしの場合は、下まつげだけなのですけどね。
どんな感じかというと目の中にほこりが入ってしまった時のようにずっとゴロゴロして違和感あるって状態ですね。

これが続くのですから、考えてるよりも辛いのですよね。

なんでこのようなことが起こってしまうのか?

原因はなんなのかを見てみましょうか。

これはまぶた周辺の皮膚の脂肪が多かったり、たるんでくることなのです。
こう見てみると自分自身もそうなので、けっこうショッキングでしたけどね。。
いわれると身に覚えは確かにあります(笑)

まぶたのたるみって聞くといつも思い出すことがあるのですよ。

まだ若かりし頃、わたしの知人の話なのですが、まぶたがたるむ病気になった方がいるんですよ。
入院したのでお見舞いにいったのですが、その当時は笑ってましたけど、今考えると本人的には辛かったんだろうなって反省してます。。

でも今までに聞いたことない病気だったので驚きましたけどね。




今回の逆さまつげの話とは全く関係ない話ですので気になさらずに。。

あ、この知人は無事に退院しましたよ。
海外ではよくある病気なんだそうです。

めずらしいですよね?
わたしはこういう病気があるって初めて聞きましたよ。

世の中には知らないことってたくさんあるんだなと思いました。
これとは別にまぶたがたるむことで、あんな痛い思いをすることになるのかって感じでしたね。

逆まつげってほんと違和感ありまくりですし、いつもゴミが目の中に入ってる気がしてすぐにでも治したいですからね。

逆さまつげの治療法と手術費用

さてどんなふうに治すのでしょうか?

それとどこに行けばいいのかわからないですよね。
全部含めて見てみましょうか。

まずどこにいったら治療が出来るのか?

それは眼科か美容外科なのです。
どういう違いがあるのかというと保険がきくかきかないかです。

ご存じの方もいるとは思いますが、眼科は保険対象内ですよね。

美容外科はその逆です。
保険対象外になると費用もそれなりにかかってきてしまいます。

昔、周りでプチ整形が流行っていましたが、二重瞼にしたくて美容外科に通ってる友達もいました。

その時に聞いた話だとやっぱり保険がきかないので高いって言っていましたね。
でもお仕事をたくさんしてお金を貯めてやってましたね。
その時に女子力高いなってすごく感じました。
それがコンプレックスなら、そこまでして治したいって思うのかもしれませんよね。

けっこう二重にする人多かったですね。。
でも何にしても目標があるっていいことですよね。

そのためにお金を貯めるっていい経験だと思います。
人生で1度くらいは自分のためにやってみるのもいいですね。

話は元に戻しますが、もう一つの違いがあります。
それは治療法を聞けばわかるので、先にそちらから見ていきましょうか。

症状によって手術ができるできないがあるのです。

2種類の逆まつげの病名があります。

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)目の中に向かって揃ってまつげが生えている状態で手術対象、睫毛乱生(しょうもうらんせい)目の中に向かって生えてるのと不揃いな状態で手術対象外です。

この睫毛乱生は目の中に向かって生えてるもののみ抜けばいいのです。
でも伸びたら抜かないといけないので少し大変ですよね。

わたしもこのタイプなので、実は自分で伸びたら抜いています。
けっこう痛くて涙出ちゃいますよ。
でもこれをやらないとずーっとゴミが入った感覚が続くのでやっています。
すぐ生えちゃいますけどね。

さてこの手術方法を見てみましょうか。

”埋没法”という通常だと二重瞼を作る時の手術が逆さまつげの治療に使われます。
これって意外ですよね?
二重を作ることで改善されるというものです。

中には切って中の脂肪を取らないといけない方もいるようですが。。
こうなると大変な本格的な手術になってしまいますよね。

この埋没法というのは、まぶたに糸を何ヶ所か入れるというもので簡単にできる手術なのです。

費用の方はいくらくらいなのかというと。。だいたい1万円くらいです。
これが美容外科になってしまうと何十倍も費用が上がってしまいます。

それと下まつげの場合が適応していない病院も多いようですね。
わたしの場合は、こっちなので病院での治療がむずかしいのかもしれませんね。

もっと簡単に対処する方法があります。

それは”マスカラをつける”です。

これはわたしが悩んでた頃に美容家さんから教えてもらったのです。

上まつげならビューラーで上げてからならなおさら効果的だと思います。
わたしの場合は下まつげなのでそのままつけていましたけどね。

つけると自然に外に向きますので内側に入ってしまうのが悩みなわけですからちょうどいいですよね。
ずっとつけているとだんだん慣れてくるのが生え方が変わっていくような気がしました。
それからは抜く回数も減ってましたよ。

サラッといわれたアドバイスでしたが、ほんと以前に比べたらラクになりました。
手術ってやっぱり抵抗ありますから、自力でなんとかできるものならしたいですからね。。

それでもどうにもならないことなら仕方ないですけどね。

男はできないでしょ~って思われた方もいるかもしれないですよね!

メンズでも透明のマスカラがあるので目立たないので試してみてはいかがでしょうか。
奥さんや彼女さん、女友達にお願いして買ってきてもらえばいいですよね。

さすがにビューラーは慣れてないとお肉まで挟んで痛い思いをするので、まずはマスカラからやってみてください。

失敗の可能性は?

やっぱり目のことなので、ここが一番心配しますよね。。
まず頭に失敗したらどうしよう。。って思ってしまいますものね。

わたしも手術できればその都度抜かなくてよくなってラクになるんだよな。。なんて思ったこともありましたが、やっぱり麻酔その他いろいろ考えるとなかなか踏み切れませんでした。

自分でまつげを抜くことで解消するのであれば、ほかのリスクを考えたらやっぱり今の状態がいいかと。。
でもどんな手術でも失敗の可能性はあるわけで、100%成功っていうのはないですものね。

どちらにしてもこのやった後のリスクをちゃんと事前にわかっておいた方がいいですよね。

さて、この逆さまつげの治療の失敗とはどんなことが考えられるのかを見てみましょうか。

まず”傷跡が残ってしまう”ことがあります。

目の周りの皮膚って薄いっていわれていますものね。
ここを切ったり縫ったりするわけですから、年齢にもよってたるみも違ってくるでしょうしね。

わたしの知人でもかなりお年を召した方ですが、医者からは傷跡は残りませんといわれていたそうですが、今でもうっすらにはなりましたが残っていますね。
回復力も年々落ちてくるでしょうし、難しいのでしょうかね。。
でも女性なので、いくつになっても顔に傷は残したくないですよね。

この方は人間が出来てらっしゃって、気にしない気にしないって笑ってましたけどね。。
すごいなって感動しました。
わたしだったら落ち込んでしまいそう。。

こういう女性になりたいなって思いましたね。

ほかのリスクは”手術しても治らない”こともあります。

この辺は事前によくお医者さんと話し合っておいた方がいいですよね。
せっかく麻酔や手術というような誰にでもできることを体験したのに効果が表れないのではかなしすぎますよね。

治らないこともあるんだってびっくりしましたけどね。。

この辺は美容外科よりも眼科の方がいいのかな?なんて思ってしまいます。

二重にする技法と同じなので、キレイな二重を作りたかったら、美容外科というように自分の求めてるもので選んだ方がよさそうですよね。
やっぱり目元のことですから、なんといってもお医者さん選びは念入りにしたいものですよね。

もし知り合いで関係者の方がいたら聞いてみたり、紹介してもらうのがいちばん安心できそうですよね。
なかなか都合よく知り合いがいたらいいですけどね。

ネットの情報っていろいろ飛び交っていてわかりにくいことってありませんか?

わたしはなるべくわたしの周りでいなかったら、知人に紹介してもらうとかいろいろ調査?してから望むようにしています。
とくに体のことはこう心がけています。

もちろんネットでも情報を得ていますけどね。
それだけじゃなく、いろんな所から知ることが大事かなと思っています。
目のことなのでさらに自分の納得のいくところまで調べてみた方がいいかもしれませんね。

あとは”思ったよりも腫れてしまう”ことがあります。

目元を糸を刺したり、切ったりする手術ですから終わってから多少腫れるのだそうです。

二重まぶたにした知人が一週間くらい腫れたといっていました。

ほかの方で術後すぐ会った人がいましたがやっぱり腫れていましたね。
ちょうどボクシングの選手が試合後に目がぷっくらしてる感じでした。
もちろん青たんはありませんけどね(笑)

顔ですからそうなってしまうとこのままずっと治らなかったらどうしよう。。
なんて不安になりますよね。
それがお医者さんから聞いていたよりもだったらどうしたらいいかわからないですものね。
こうなったらすぐ相談しましょう。

その方の体質や肌質も関係するのかもしれませんが、また別の悩みが出てきてしまいますからね。

こんな感じでいろんなリスクがあるってことです。
まず実行する前によく調べて話し合ってからがいいですね。




というわけで本日のテーマは、「逆さまつげの手術費用と失敗の可能性は?」でした。

メイクランキング

ピックアップ記事

  1. 日本人の鼻の形の種類は?綺麗な形に変えられる? 美肌ブログライターなごみです。 本日のテ…
  2. 肌荒れ、顔の赤みを早く治す方法は? 美肌ブログライターなごみです。 本日のテーマは、「肌…
  3. 肌がきれいな人の特徴と食生活は? 美肌ブログライターなごみです。 本日のテーマは、「肌が…
  4. 1日1食ダイエットは危険?朝・昼・夜だけどれが効果的!? 美肌ブログライターなごみです。 …
  5. 日本の人気女性モデルランキング 美肌ブログライターなごみです。 本日のテーマは、「日本の…

美容ブログライター

免責事項

当サイト上に掲載されいる情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらまでお願い致します。
ページ上部へ戻る