日本人の歯並びは悪い?なぜ無頓着なのか?

日本人の歯並びは悪い?なぜ無頓着なのか?

美肌ブログライターなごみです。

本日のテーマは、「日本人の歯並びは悪い?なぜ無頓着なのか?」です。




日本人の歯並びは悪いのか?

ほかの国の人たちと違って日本人って歯並びが悪いのでしょうか?
こんなこといわれてるって知ってましたか?

さてどんなことなのか見てみましょうか。

昔から日本人は口を大きく開くなど歯を見せないようにしてきました。
よく笑う時に口に手を当てて見えないようにしてる人っていますよね?
というか多いですよね。

これって伝統的な慎ましさからきてるものなのですよね。
今ではそんなものもだんだんなくなってきていそうですがね。。

女性も男性もそんなに変わらない態度だったり、はたまた女子っぽい男子も流行って?ますよね。
逆に男の人の方が口に手を当ててなんて仕草を見たりしますものね。
とくに原宿に行くと一見どっちがわからない方って多くないですか?!
わたしけっこうじーっと見てしまってます(笑)
だってほんとパッと見ではわからないのでね。。

以前、きゃりーぱみゅぱみゅさんが好きな外国人の方が似たような恰好してライブにいってると見たことがあります。
男の人もカラフルな服を着て街を歩いてたりするのがわたしの中の原宿のイメージですね。

ダンスももちろん全部覚えて、見た目も似せていくのでしょうね。
どこにいるかにもよりますが、こういうファンタジックな世界を受け入れてもらえる街なのですよね。
歩いてる人たちもこういう恰好をしてる人たちを見ても全く気にしてないですよね。

すごい世の中になったなとしみじみ思う時があります。。

わたしが中学生の頃は、ジャニーズのグッズを買いに行く場所でしたけどね(笑)
もちろん今も新大久保といえば韓流というように原宿といえばジャニーズというイメージは残っていますが、

最近ではりゅーちぇるのジェンダーレスが強めなのかな~って感じますね。
でも外国人にも流行らせるってすごい影響力だなと思います。

今の時代ですので、気にしないでどんどん好きなことやった方がいいですよね。

さて話を戻して。。

自分たちの母世代くらいまでは、そんな女性らしさが残っていたのかもしれませんが、
それも薄れてきてる気はしてます。

先程の話ではないですが、今の時代。。その時々でやっぱりその辺は変化していくものですから仕方ないことだと思いますが。。
そんな伝統的な考え方から歯を見せることがなかったため、日本人は歯並びに関しての意識があまりなかったのですね。

そんな中にも歯並びを意識されている方もいますよね。

この前、テレビ番組でいわゆる”出っ歯”といわれて女の子がでてました。
なんかあなたのあだ名は?って聞きまくっていましたが、もちろんその子にも聞いていました。
かなり失礼な話ですよね。
でもその女の子はあだ名に”出っ歯”がついているのにも関わらず明るくいっていたのが印象的です。

本人よりも周りの反応の方が意識しているなって感じでしたね。
普通の女の子でしたが、そのあだ名によってその後の彼女の生活も密着してましたが
ある意味有名人になっていましたが。。微妙ですけどね。

でも本人はすごくニコニコ笑顔で対応されてたので、それでよかったのかもしれませんね。
どれがいいかって自分次第ですものね。
それで人間は見た目じゃないなって思ったんですよね。

こう思うわたしも歯並びを意識していない1人なのかもしれないですね。

なぜ無頓着なのか?

ところで外国人ってそんなに気にしてるのでしょうか?

見てみると、見た目というよりも治療費の関係が絡んでるようですね。

はて?なんで?と思いますよね。
イメージとしては、そんな気にしないような気がしますが。。




これは聞いたこともある方もいるかもしれませんが、日本と違って海外の医療費は健康保険がきかないんですよね。
歯医者の使うものの中ではこっちでもきかないものもありますが、海外は全体的にきかないのです。
なので、病気にならないようにとか虫歯にならないようにしようって意識が強いのですね。

その前の予防に力を入れているのですね。
たしかに保険がかかっていても歯の治療って費用けっこうかかりますものね。
それが自己負担100%なんてありえないですよね。
ですので、気にしないではいられないのです。

こういうことを知るまでは、外国人ってなんとなくなんにも気にしないで自由なのかなって思っていましたが、多額なお金が絡んでいるのであれば意識せざる負えないですものね。

わたしの周りにもすごい稼いでる方がいるのですが、もともと歯が弱いらしく毎月治療に通っていて、それにかかる費用がものすごくかかっているので節約してるって話を聞いたことがあります。

歯を1本入れるのに50万円くらいかかるっていってましたから、こちらからみたらお金持ちなのだから
大丈夫じゃないかって思ってましたけど、やっぱりそんな方でも節約するんだな。。と思った記憶があります。

日本の健康保険を使ってもこのような状況ですから、全部ってなったら虫歯にならないしか方法はないですよね。
その気持ちすごくよくわかります。

こう見てみると今生きている環境のありがたさを感じますよね。
これで日本も保険がきかなくなったら、外国人のように気にせざる負えないのでしょうけどね。

でも今の時代にこんなことになったらどうなるのでしょう。
少し回復してきたとはいえ、仕事もなかなか見つけられなかったり、正社員になりずらいこの段階でかなり大変なことになりそうですよね。
普段の生活もやっとやっとで、歯の治療が出来るのだろうかと不安になります。
正直それどころじゃないですよね。

尚更、周りで多額なお金を支払って歯医者に通ってるのがすごいと感じてしますのでしょうね。
いろんな意味で危機感を感じますよね。

一方で、歯の治療というもの自体が入ってきたのが遅かったともいわれています。
たしかに知らなければ誰も治せることすら知らないですものね。

だから日本人が歯並びが悪い要因にもなっていたのですね。
わたし自身も全く意識したことがなかったので、ここまで周りからいわれているとは驚きでした。

小さい頃。。大人になってからも歯の矯正している方ってたまに見たことありますが、
ちょっと抵抗ありました。
でもこれが意識を高く持っていれば、もっと多くの方がやられてるかもしれないですよね。

小さい時から普通に治療もできて、見た目にしても歯並びに関して誰からもいわれなければ無頓着になるのもわかりますね。

歯並びを治す方法は?

さて、歯並びを意識し始めたらどうやって治すことができるのでしょうか。

いろいろありそうなので見てみましょうか。

まずは”ブラケット矯正”です。

先程もちょっと出しましたが、よく見かける歯にワイヤーがついてるあれです。
子どもの頃してる人をみたことありますが、若い頃ですけど大人になってもやってる人いました。
見るかぎりなんとなく痛くないのかな?っていつも思っていましたが実際どうなのでしょうか?
でもそれをつけて生活するわけですから大丈夫なのでしょうね。

これ気をつけないといけないのが、ちゃんと歯磨きしないと虫歯になりやすいのです。
このワイヤーに食べものがつまりやすいのですね。
でもつけていることで意識してちゃんと磨くようになるので逆にいいかもしれないですよね。

付けている期間はなんと2~3年なのです。
けっこうつけないといけないのですね。
ここまで長いとだんだん慣れてきそうですけどね。

子どもの頃にやれば、はずかしさもないだろうし、きちんと矯正できていいですよね。

つぎに”舌側ブラケット矯正”です。

これはさっきの逆で歯の裏側にワイヤーをつける方法です。
これだったらやってるかどうかわからないので目立たなくていいですよね。

付けている期間は3年です。
さっきよりも長いですよね。

歯の裏側に着けるので、さらに歯磨きしないといけないのです。
それはそうですよね。
歯も磨きずらいですから虫歯の可能性が高まりますからね。

もう一つ弱点があって、通常のブラケット矯正の倍くらいの金額がかかるのです。
着けるのが難しいようですね。
たしかに裏側ですから仕方ないですよね。
でもお金があったらこっちがいいですよね。

これだったら、矯正してるってわからないですものね。

次に”ダイレクトボンディング法”です。

これは部分的に例えば歯と歯の間に隙間ができている時に歯専用のレジンを埋めるやり方です。

これなら費用も比較的安いですし、日数もかかりません。
でも全体の矯正ではないので、少し治すにはいいですよね。

次に”マウスピース矯正”です。

その名の通り、マウスピースを使うのですね。
これは簡単に取れるので付け忘れる心配があるのです。

着ける期間としては1~2年です。

見たことないのか気づかないだけなのかわかりませんが、それだけ目立たないってことかもしれませんね。
取り外せるのなら、どうしても見られたくない時には便利ですよね。

その他にも歯を抜いて矯正する方法もあります。

これは時と場合にもよるのですが、抜くことでちゃんと並ぶことができます。
でもキレイな歯も抜かないといけないので、なんだかもったいない気もありますよね。
それに抜歯ってできればしたくはないですものね。

昔、親不知を何本か抜いたことありますが、一週間くらい激痛なんですよね。
しかもかなり出血もしますし、ここまでやるにはかなり高い意識を持っていないとできませんね。

あと自力で矯正もできます。

歯並びって普段の生活の積み重ねて悪くなることがあります。

たとえば、前歯を後ろから押すのがクセだったり、口を開けて寝たり、うつぶせ寝をしたりです。
これって意外ですよね?
でもこんな小さなこともチリも積もればというように徐々に歯並びも変えさせるくらいの威力があるのですね。
びっくりしました!

これはどうすればいいのか?

このクセを直すことがいちばんですね。
でも簡単そうでこれが一番むずかしいかもしれませんよね。
なんてったって自然にやってしまうのがクセですから。

逆に歯を押してみるって方法もあるのです。
これは嘘みたいでほんとの話です。
時間がかかって出来たものなので時間はかかりますけどね。
いかがでしょうか。

それと見ていくうちに”ひじをつく”のもよくないようですよ。
わたしも知らず知らずのうちにやってしまっていますね。

例えばテレビを見る時とか、ぼーっとしている時。。
まずいって思いましたが、これは成長期の時にやらない方がいいのです。
たしかにいろんな意味で変わっていく頃ですものね。
学校の授業を受けている時とかありがちですよね。

いろいろ思ってもないことがわかってきましたね。

いろんな方法があるので、自分の合ったやり方を見つけられたらストレスなく歯並びも整いますね。




というわけで本日のテーマは、「日本人の歯並びは悪い?なぜ無頓着なのか?」でした。

メイクランキング

ピックアップ記事

  1. 日本人の鼻の形の種類は?綺麗な形に変えられる? 美肌ブログライターなごみです。 本日のテ…
  2. 肌荒れ、顔の赤みを早く治す方法は? 美肌ブログライターなごみです。 本日のテーマは、「肌…
  3. 肌がきれいな人の特徴と食生活は? 美肌ブログライターなごみです。 本日のテーマは、「肌が…
  4. 1日1食ダイエットは危険?朝・昼・夜だけどれが効果的!? 美肌ブログライターなごみです。 …
  5. 日本の人気女性モデルランキング 美肌ブログライターなごみです。 本日のテーマは、「日本の…

美容ブログライター

免責事項

当サイト上に掲載されいる情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらまでお願い致します。
ページ上部へ戻る