ファンデーションでたまご肌になるメイク方法は?

ファンデーションでたまご肌になるメイク方法は?

美肌ブログライターなごみです。

本日のテーマは、「ファンデーションでたまご肌になるメイク方法は?」です。




たまご肌ってどんなお肌?

たまご肌っていったい。。?

なんとなくたまごってツルンっとしてるので、そんな肌なのかなってわかりますよね。
でもほんとの所はどんな肌なのかはわかりませんよね。

ちょっとここでお肌の構造について見てみましょうか。

表面から表皮、真皮、皮下組織になっています。
この中でいちばんお肌に関わってくる所が真皮になります。

ここには潤いやハリなどを左右するコラーゲン、ヒヤルロン酸があるのですね。
だいたい水分以外の7割をコラーゲンでできているのです。
すごくないですか?!

なので、若い時っていうのは、このコラーゲンの量が多いのでハリがあるのですね。
こんなにも多く含まれているのなら左右されるのもわかりますよね。
だからこそ年齢を重ねるごとにスキンケアをしないとなのですね。
お肌についてこうやって詳しく見てみるとどうしてケアが必要なのかとかって意味がわかってきますよね。

さてさて、このたまご肌ってどんな肌なのかというと。。
ハリがあってきめ細やかなお肌のことなのですね。
それにつけ加えて、透明感のある白いということですね。
こんなお肌に憧れますよね。
やっぱり赤ちゃんのようにさわるとツルンっていうのがいいですよね。

こんなお肌になるためにはどんなことが必要なのでしょうか。
吹き出物はぜったいに避けたいことですよね。
それだけでお肌が綺麗とはならなくなっちゃいますものね。
せっかくケアしていてももったいないですよね。

まず保湿することをおすすめします。

そのためには初めにちゃんと洗顔することが大切になってきます。
ちゃんとといっても必要な脂分を取ってしまうくらいではありませんのでご注意してくださいね。

よい洗顔方法としては、まず洗顔料はいっぱい泡立てます。
お肌があまり動かないようにやさしく洗います。
流す時は必ずぬるま湯にしてくださいね。
これはよーく洗い流します。
泡が残らないようにしっかり落としましょう。

お顔についた水分はゴシゴシこすらずにこの時もお肌があまり動かないように拭いてくださいね。

つぎに保湿ですが、洗顔してすぐに化粧水をつけるようにしましょう。

私がおすすめしたいのは、スプレータイプの化粧水ですね。
まずは10プッシュお顔につけて手で押さえます。
これを3セットして、その後もお家にいる時は頻繁にします。

このスプレータイプって手軽にできるのでいいんですよ。
いちいちフタを開けてとかって面倒くさくなったりしてあまりつけなくなってしまう可能性があるからです。
テーブルに置いておいてサッと気がついたらできるので忘れずにいられるのですね。
ほんとこれはおすすめしたいですね!

こんなふうにスキンケアをすることで、あのたまご肌になるのですね。

もう一つ、たまご肌になるのを邪魔するものがあります。

それは”毛穴のつまり”です。
皮脂や汚れが原因でつまってしまうのですが、詰まると吹き出物になってしまいます。
ツルンっとしたお肌を目標にしているのにポツっと出来てしまったらかなしいですよね。
お肌が綺麗になった分、余計に目立ってしまいますよね。
そうならないための予防があります。




まずはきちんと睡眠をとることです。

お肌のターンオーバーって知っていますか?
午後10時~午前2時までは新しく生まれ変わる時間になっているので、この時間に睡眠をきちんととって正常に活動させる必要があるのです。
そんな時間に不規則にしていたら、お肌によくないのもわかりますよね。
なるべくちゃんと睡眠時間を取りたいですよね。

いち早くスッキリさせる方法は!

”半身浴”をすることです。
じわじわと体をあっためると汗がたくさん出ますよね。

それと一緒に老廃物も流れでてくれるので、毛穴のつまりもなくなるというわけなのです。
スッキリとデトックス効果が出来るなんてほんといいですよね。
一時期流行ってましたものね。

私も半身浴用の足をつけるバケツを買おうと思った時期もありました(笑)
結局、買いませんでしたけど(笑)
でもお風呂でも十分できますものね。
そういうバケツがあったら、テレビを見ながらでもできるかなと思ったのですけどね。

なにかをしながら。。例えば本とか読みながらだったらけっこう長い時間入ることができますものね。
その方がたくさん汗を流して、いっぱいデトックスができますよね。

ファンデーションでたまご肌になるメイク方法は?

スキンケアによってたまご肌になる方法を知ることができましたね。
ファンデーションでもメイク方法で見せることができるのでしょうか。

まずそう見せるには下地ってほんと大切なのです。
先程も基本的にスキンケアが大事だってことがわかりましたので、メイクでもやっぱり土台が重要なのですね。

たまご肌に見せるってなんとなくマットなイメージしませんか?
マットっていうとべたーっと厚塗りしたらいいのかなと思いがちですが、実はこれって正反対なのです。

まずは自分のお肌に合った色のクリームファンデーションを使います。
これを薄く塗るのがポイントなのです。
これって意外じゃないですか!

それとTソーンや目の下など汗をかいたり、脂分の多く出る場所はまずは顔の外側を塗った後のパフについたクリームファンデーションで塗るのが落ちにくいメイクをするコツです。
とくに鼻ってベターって塗りたくなりますよね?
こここそが薄塗りしてくださいね!

私も以前はTゾーンや目の下は足して塗っていました。
そうするとそこだけ落ちてしまうことがあって、かなり気になっていた時に教えてもらった方法です。
少しのポイントでお悩みもクリアできるのでやってみてくださいね。
もっと透明感のあるお肌に見せたい時にはパール感のあるものを使うのがいいです。

ファンデーションはフェイスパウダーを使うのがコツですね。
これは厚塗りしなくてすむので、サラッとでもちゃんとお肌にのせることができるのでたまご肌を作るにはベストなのです。
お肌にも透明感を作ることもできるので自然な感じになるのですね。

フェイスパウダーをお顔においた後には必ずハケで残ったパウダーを取ってくださいね。
そうすることによってよりしっかりお肌について綺麗なたまご肌を作ることができるのです。

もしシミなど気になるものがある場合にはコンシーラーでその部分だけ先に消しておくのが厚塗りしなくてもいいコツですね。

どっちにしても軽くと自然な感じというのを意識してメイクしてみてくださいね。

おすすめのファンデーションは?

たまご肌にとって軽く塗れるファンデーションがいいとこがわかりましたね。
ベタッと厚塗りではないのが意外でしたけどね。
どんなファンデーションがおすすめなのでしょうか。

それは”ミネラルファンデーション”です。

この商品はどんなものかといいますと。。
天然のミネラルで作られたファンデーションなのですね。
なので、すごくお肌にいいのです。

この中でのおすすめは『オイリーミネラルファンデーション』です。

このファンデーションって、化粧を落とさなくても眠れるくらいお肌にやさしいのです。
100%ミネラルでできているからなのですね。

それと微粒子ミネラルパウダーなので、素肌のようにナチュラルな仕上がりなのです。
しかも透明感もでて、1日中続くことができるのでメイク直しでだんだん厚塗りになったりしなくていいのですね。

もう一つのおすすめは『コスメデコルテAQミリオリティフェイスパウダー』です。

クリスタル オーバル パウダーが配合されているので、肌質感がやわらかくなる魔法のようなフェイスパウダーなのです。
しっとりなめらかなので、のびもいいしお肌にちゃんとなじんでくれます。
サラッとした心地よいパウダーですが、しっかりと潤いもキープしてくれるのです。

なんと香りもアロマのように摘みたての植物から抽出されているものを使用しているのです。
これってうれしいですよね。

お肌にもよいのですが、1日落ちにくいのです。
パウダーファンデーションってけっこうすぐ落ちてしまうイメージってありませんか?
薄くついてしかもしっかり1日キープしてくれるなんてほんといいですよね。

こんなふうに軽く塗れてお肌にもやさしいのにしっかりたまご肌に見せてくれるファンデーションってほんといいですよね。




というわけで本日のテーマは、「ファンデーションでたまご肌になるメイク方法は?」でした。

関連記事

メイクランキング

ピックアップ記事

  1. 日本人の鼻の形の種類は?綺麗な形に変えられる? 美肌ブログライターなごみです。 本日のテ…
  2. 肌荒れ、顔の赤みを早く治す方法は? 美肌ブログライターなごみです。 本日のテーマは、「肌…
  3. 肌がきれいな人の特徴と食生活は? 美肌ブログライターなごみです。 本日のテーマは、「肌が…
  4. 1日1食ダイエットは危険?朝・昼・夜だけどれが効果的!? 美肌ブログライターなごみです。 …
  5. 日本の人気女性モデルランキング 美肌ブログライターなごみです。 本日のテーマは、「日本の…

美容ブログライター

免責事項

当サイト上に掲載されいる情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

広告掲載のご依頼やお問い合わせはこちらまでお願い致します。
ページ上部へ戻る